夜行バス格安

夜行バス格安でチケットをゲット!【選ぶポイントは?】

 

画像

 

画像

 

このポイントをおさえれば、きっと満足できるバスの旅ができるハズ。

 

☆まずは、私が自信を持っておすすめする、バス会社を紹介していきますね☆

 

↓   ↓   ↓

夜行バスわたしのおすすめランキング♪

格安の夜行バスに快適に乗るコツ、教えます!!

出張や就活、観光に大人気

画像
ここ数年、高速バスの存在感が高まっていて、日中便はもちろんのこと、夜行バスの人気が急上昇しています。

 

これまで、出張で移動するサラリーマンの利用が目立っていましたが、大阪や名古屋に住んでいる学生が東京に来て、就職活動をする時に使ったり、観光地に行くための手段として使ったりする人が増えています。

 

 

夜行バスが支持されている理由はいくつもあるのですが、誰もが口をそろえて言うのは、

 

「乗車料金が信じられないぐらい格安」

 

であるということです。

 

 

たとえば、東京〜大阪便でしたら、新幹線だったら往復で28,000円程度も掛かるのに、高速バスだったら、たった8,000円程度。

 

飛行機を使うケースが多い東京〜金沢間だったら、飛行機と特急電車を乗り継いで往復50,000円ぐらい、一方の高速バスの乗車料金は7,000円程度と、40,000円以上もの差があるんです。

 

これだけ格安の料金で乗れるのですから、人気が出るのも当然で、マスコミで取り上げられることも増えてきたことから、人気の高い高速バス会社では、座席が発売されるのと同時に、予約で埋まってしまう、なんてこともあるようです。

 

 

「乗り心地が悪い」という時代は終わった

 

夜行バスは、かなり昔から運行されていて、新幹線より安い交通費で移動したいという人に人気でした。

 

しかし、座席は新幹線の座席のように固く、リクライニングも最低限の角度でしかできず、決して快適な乗り物とはいえませんでした。

 

少しでも多くの乗客を乗せるために、車両の座席数は多く、それに伴って1席あたりのスペースはすごく狭くなっていました。

 

そのため、長時間乗車していると、つま先から腰、背中や首まで、かなり疲れがたまってしまい、目的地に到着したころには、歩くのもしんどいぐらい疲労感を感じる人もいました。

 

ところが今から数年前、国の規制緩和が行われたことで事業に参入する会社が増え、サービスが一気に向上しました。

 

座席には長時間座っていても疲れにくい素材が使われ、座席の幅や足元スペース、リクライニングの幅などが広くなったことで、それまで感じていた疲労感が少なくなり、熟睡できるという人が増えました。

 

4列シートで、縦に12席ぐらいあるのが当たり前だった車両は、3列で縦に9席ぐらいになり、プライベート空間まで確保してくれますし、中には、個室のようなカプセル状になった座席を設置している車両すらあります。

 

また、毛布や枕、アイマスクや耳栓など、バスの旅をさらに快適にしてくれるアメニティーグッズの数々を提供してくれる高速バス会社が増え、自宅のベッドで寝ている時に近い快適感と安心感を、得られるようになりました。

 

 

高速バス会社同士の競争激化で、乗車料金はさらに格安に!

 

高速バス会社が増えたことによって、サービスの質が向上しただけでなく、乗車料金の値引き合戦も激しくなりました。

 

多くの利用者は、一度、乗って気に入ると、同じ高速バスに乗る人が多いです。

 

そのため、まず、新規のお客さんを獲得しようとして、非常に安い乗車料金で座席を提供しています。

 

また、さまざまなキャンペーンを1年中実施し、通常料金よりもさらに格安の料金で乗れるようにするなどして、ファン獲得に力を入れています。

 

中には、各路線が500円というワンコインで乗れるキャンペーンを、年に何回も実施している高速バス会社があるぐらいです。

 

 

このように、サービスが向上する一方で、安全性も問題になっています。

 

高速道路などで事故を起こしたというニュースを、見たことがある人もいるでしょう。

 

 

事故を起こしたことがある会社の共通点は

  • 「法律を無視して、運転手に無理な運転を強いていた」
  •  

  • 「運転手の健康管理を怠っていた」

この二点に尽きます。

 

 

乗車料金の値引き競争に力を入れている一方で、安全管理がおざなりになっていると、悲惨な事故を引き起こすことがあります。

 

どの高速バスが安全管理を怠っているのかは、知る由もないのですが、安全管理を徹底している会社は、ホームページでその内容をしっかりと示し、実際に乗車すると、その徹底ぶりが伝わってくるので、はっきりと分かります。

 

その最たる会社が、このサイトで紹介している「WILLER TRAVEL」 「VIPライナー」 「オリオンツアーバス」の3社です。

 

高速バスに限らず、交通機関を利用する人ならだれでも、快適に移動したいと思っています。

 

快適というのは、乗り心地だけでなく、こうした安全管理に裏付けられた安心があってこそのものですので、これから乗ってみたいと思う方や、安心して乗れる高速バスを探している方は、この3社の公式サイトにアクセスしてみてください!

 

当サイトが厳選したこの3社からバス便を選ぶことが、快適に乗るための、一番重要なコツと言えるでしょう。

格安夜行バスのお得な予約方法は?

予定が決まったら公式サイトをチェック!

画像
乗車料金が他の交通機関を圧倒して安いことは、他のページでもお伝えしましたが、各高速バス会社では、キャンペーンの実施やクーポンの配布など、さらにお得がゲットできるサービスを提供しています。

 

こうした割引サービスは、楽天トラベルのような高速バスのポータルサイトでは適用されません。

 

乗車料金を、さらに格安料金で予約したい場合は、公式サイトで手続きしましょう。

 

楽天トラベルと高速バス会社の公式サイト、両サイトともに予約の仕方は同じですし、基本的な乗車料金は同じです。

 

 

しかし、各高速バス会社では、定期的にキャンペーンを行っています。

 

 

このキャンペーンは、通常の料金から値引きされるものだけでなく、特定の路線が期間限定で半額になるものや、席数限定で500円という破格の乗車料金で提供される、というものまであります。

 

楽天トラベルで予約すると、こうしたキャンペーンは適用されないので、注意が必要です。

 

 

お得なキャンペーンをいち早くゲットするには?

 

超お得なキャンペーンは、席数&期間限定なので、早い者勝ちの予約制になっています。

 

お得な情報を見逃さないためにも、会員登録ができる高速バス会社を利用して、メールマガジンでいち早くお得情報が手に入るようにしておきましょう。

 

また、当サイトがおススメしているようなサイトをお気に入りサイトに指定しておいて、こまめに最新情報をチェックしておきましょう。

 

通常の乗車料金と比べて4〜5,000円、新幹線と比べると1万円以上もの差があるキャンペーンは、絶対に見逃せません!

格安夜行バスの選び方!予約で失敗しない方法!

格安をさらにお得に予約する!

画像
新幹線や飛行機よりも、圧倒的な格安料金で利用できる高速バス。

 

朝〜昼便はもちろんのこと、夜行便の乗車料金も安く、安全性も高いことから、利用者が急増中です。

 

空席があればいつでも予約ができるので、新幹線の最終便が出てしまった時間でも、日付が変わるころに出発する夜行バスに乗れば、翌朝、目的地に到着することができます。

 

また、運行している会社は何十社もあるので、顧客獲得のために、さまざまなキャンペーンを実施しています。

 

たとえば、東京〜大阪便の乗車料金の平均価格は、3,000円台後半から4,000円台という高速バス会社が多いですが、期間限定のキャンペーンで、この料金を半額にしたり、500円という格安を超えた価格まで値下げする会社もあります。

 

乗車時間は長いものの、利便性は高い上に乗車料金が格安、どうせなら、こうしたキャンペーンを利用して、さらにお得に乗りたいものです。

 

 

キャンペーンの適用は公式サイトからの予約のみ!

 

高速バスの予約は、楽天トラベルのようなポータルサイトがよく使われています。

 

しかし、高速バスのキャンペーンは、各社の公式サイトから予約しないと適用されません。

 

したがって、頻繁に使う人でしたら、お気に入りの高速バスを見つけて、サイトをこまめにチェックしたり、メールマガジン会員に登録して、最新情報をゲットすることは欠かせません。

 

このサイトで紹介している3つの高速バス会社は、魅力的なキャンペーンを常に実施しているので、まずは公式サイトにアクセスしてみてください!


 
HOME 寝心地快適? 車内乾燥注意報? 夜行バスを楽しむ! お得な予約はこちらから♪